遊戯王デュエルリンクス攻略速報

デュエルリンクスにおけるチェーンの仕組みとスペルスピードについて

遊戯王デュエルリンクスには、チェーンと呼ばれるものとスペルスピードというシステムがあります。
この仕組を理解していないと、何故このような処理になったのか意味が分からない場合も多々あります。
デュエルで混乱してしまうのを防ぐためにも、これらの処理について理解しておきましょう

チェーンとは

チェーンとは、魔法や罠カードの発動の応酬をスムーズにするためのシステムです。
あるカードの発動に対して別のカードを発動させる行為…これがチェーンと呼ばれるものです。
カードの効果を発動した場合、そのカードの効果を阻害しようと別のカードを発動するというのがチェーンの大雑把な仕組みです。
また、そのカードに対して更にチェーンを重ねることが出来ます。
チェーンは相手のカードに対して発動するものだけではなく、自分のカードに発動することも可能です。

チェーンの処理というのは少し独特です。
基本的に、カードというのは発動した順番に処理されます。
しかし、チェーンの場合になりますと、発動は逆順になります。
例えば通常の場合、Aというカードの後にBというカードを出したとすると発動順番はA→Bです。
チェーンの場合、AというカードにBというカードでチェーンしたとすると発動順番はB→Aになります。
このような逆順番にしないと、発動を阻害することが出来ないからです。
しかし、必ずしもチェーンをかけられる訳ではありません。
ここで重要なのがスペルスピードになります。

スペルスピードとは

チェーンは、全てのカードでチェーンを発動出来る訳ではありません。
スペルスピードというシステムにより、優位性が決定されます。
そのため、カードによってはチェーンがかけられないということがあります。
デュエルリンクスから遊戯王をはじめた人の中には、何故相手の魔法が防げなかったのかと思う人もいるでしょう。
その大きな理由はスペルスピードになります。

魔法カードと罠カード、効果モンスターカードには、スペルスピードが設定されています。
スペルスピード1のカードは、スペルスピード1にしかチェーンが発動出来ません。
スペルスピード2はスペルスピード1とスペルスピード2にチェーンが発動出来ます。
スペルスピード3は全てのスペルスピードにチェーンが発動出来ます。
このように、スペルスピードが設定されているのでスペルスピードを理解することが重要です。

スペルスピード1のカード

通常魔法カード
装備魔法カード
フィールド魔法カード
儀式魔法カード
永続魔法カード
効果モンスターカード

スペルスピード2のカード

速攻魔法カード
通常罠カード
永続罠カード
効果モンスターカード(相手のターンでも任意に発動させられるカード)

スペルスピード3のカード

カウンター罠カード

コメントを残す

PageTOP