遊戯王デュエルリンクス攻略速報

【デュエルリンクス】初心者必見!オリジナルデッキを作るための基礎

デュエルリンクスの面白いところは、自分で考えたデッキで他の人に勝つことにあります。
もちろんコピーデッキのみで勝つというのも楽しいことではあると思います。
ただ、デュエルリンクスをプレイしている人の中には、オリジナルデッキを作りたいけど作り方が分からないという人はいるでしょう。
そんな人のために、デッキを作るコツの基礎を書いていこうと思います。
もちろんここで書かれたことが全てではありませんし、大会の上位にいく人の中には間違っていると思う人もいるでしょう。
あくまでも管理人自身が考える、自分が見たコツみたいなものです。

コンボデッキの作り方

コンボデッキのようなテーマを持つデッキを作りたい場合、重要なのはフィニッシャーです。
まずはフィニッシャーを決めることが重要です。
例えば今流行りのカラテマンですね。
カラテマンをフィニッシャーと見据えてみます。

カラテマンの特殊効果を活かす

カラテマンは特殊効果で攻撃力が2000になります。
しかし、特殊効果を使うとそのターンで破壊となってしまうデメリットを持ちます。
そのため、カラテマンの特殊効果を使ったターンで勝負を決める必要があります。
相手のLPは初期値4000なので、この4000を減らすためにはカラテマンが2人、あるいは2回攻撃が必要です
また、相手の場にモンスターがいることも想定しなければなりません。
その場合、モンスターを排除して攻撃するか、モンスターを無視出来る効果を持つカードが必要です。
そこで必要になってくるのが、閃光の双剣トライスと財宝への隠し通路です。
財宝への隠し通路はモンスターを無視してダイレクトアタックが出来ますし、閃光の双剣トライスは2回攻撃可能です。
閃光の双剣トライスがあれば、カラテマンを2体も無理やり召喚する必要はありません。
そのため、カラテマン、閃光の双剣トライス、財宝への隠し通路が揃えばコンボを発生することが出来るのです。
つまり、この3枚が揃えば勝ちが見えるという状況になります。

ドローカードが重要

次に重要なのが、このコンボパーツをいかに揃えるかということですね。
コンボパーツを揃えるためにはカードを1枚でも多く引くことが重要です
カードを引くために、スケルエンジェル、強欲な瓶、強欲なカケラが有効です。
ドローカードで使用されるのはこの辺りになるでしょう。

コンボパーツを揃えるまでに

次に、コンボパーツを揃えるまで耐え続けることが大事になります。
基本的にコンボ系デッキは、コンボが出来るまでに押し切られることが負けパターンとなります。
単純にステータスの高いカード、例えばアックスレイダー等でも良いですし、クリボールやハネハネでも良いでしょう。
アックスレイダー+援軍等は強力な壁となりますね。
このように、守備方面にも考えを及ぼさなければワンキルデッキは完璧な運ゲーとなってしまいます。
どれだけ構築しても、ワンキルデッキは運ゲー部分があります。
ただ、完全に運のゲームとしてしまっては面白くないでしょう。
ある程度の安定性を求めるために、守備に関してもしっかり考えておきましょう。

コンボデッキの考え方をまとめると、コンボとなりうる核と補助を決める。
コンボパーツを引くためのドローカード、それまで耐えるための手段を考える。
このような構築のやり方となります。

最後に

私は遊戯王のカードゲームはほとんど初めてなので、この考え方は間違っていることも十分考えられます。
私が今までそれなりにやり込んだカードゲームとなると、ハースストーンやシャドウバースのような毛色の違うゲームです。
あくまでもそちらをそれなりにやり込んだ管理人の意見なので、間違っている部分もあると思いますがご容赦くださいm(__)m

コメントを残す

PageTOP