遊戯王デュエルリンクス攻略速報

「カード」の記事一覧(2 / 2ページ)

【デュエルリンクス】カード紹介:ソニックバード

  2016年9月8日

  • 【デュエルリンクス】カード紹介:ソニックバード
  • ソニックバード レアリティ:UR 属性:風 ATK:1400 DEF:1000 説明:【鳥獣族/効果】 このカードが召喚・反転召喚に成功した時、自分のデッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える事ができる。

  •  [カード]

「【デュエルリンクス】カード紹介:ソニックバード」の続きを読む

【デュエルリンクス】カード紹介:青眼の究極竜

  2016年9月8日

  • 【デュエルリンクス】カード紹介:青眼の究極竜
  • 青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン) レアリティ:UR 属性:光 ATK:4500 DEF:3800 説明:【ドラゴン族/融合】 「青眼の白竜」+「青眼の白竜」+「青眼の白竜」

  •  [カード]

「【デュエルリンクス】カード紹介:青眼の究極竜」の続きを読む

遊戯王デュエルリンクスのクローズドβテストで確認出来たカード

  2016年9月7日

  • 遊戯王デュエルリンクスのクローズドβテストで確認出来たカード
  • 早速クローズドβテストしてみましたけど面白いですよ! ちゃんとキャラにボイスが付いてるのも感動です! で、カードを軽くだけ紹介しておきます! 詳しくはまた別記事で!

  •  [カード]

「遊戯王デュエルリンクスのクローズドβテストで確認出来たカード」の続きを読む

【遊戯王】6月24日発売のアニメコンプリートガイド 千年の記憶』付録カード「蛇神ゲー」の紹介!

  2016年6月13日

  • 【遊戯王】6月24日発売のアニメコンプリートガイド 千年の記憶』付録カード「蛇神ゲー」の紹介!
  • 6月24日に発売するアニメコンプリートガイド 千年の記憶(ミレニアム・メモリー)』付録カード「蛇神ゲー」の紹介です。 使い方が非常に難しいですが、上手くデッキに組み込めれば非常に強い気がしますがどうでしょうか? 6/24・・・

  •  [カード, 情報]

「【遊戯王】6月24日発売のアニメコンプリートガイド 千年の記憶』付録カード「蛇神ゲー」の紹介!」の続きを読む

【遊戯王】6月21日に発売のVジャンプ付録カードは『沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン』

  2016年6月11日

  • 【遊戯王】6月21日に発売のVジャンプ付録カードは『沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン』
  • 6月21日に発売するVジャンプ特大号には、沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディンが付いてきます! 「サイレント・ソードマン」や「サイレント・マジシャン」と組み合わせればかなり強いかも!? 6/21(火)発売のVジャンプ8・・・

  •  [カード, 雑談]

「【遊戯王】6月21日に発売のVジャンプ付録カードは『沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン』」の続きを読む

【遊戯王】ゴールドパック2016がいよいよ今日発売!カードの見た目はこんな感じだぞ!【デュエルリンクス】

  2016年2月20日

  • 【遊戯王】ゴールドパック2016がいよいよ今日発売!カードの見た目はこんな感じだぞ!【デュエルリンクス】
  • いよいよ今日がらゴールドパックが発売です。 公式のTwitterからもお知らせがありました。 【本日発売】全てのカードが金色に光り輝くゴールドパック2016が本日発売!より美しくなったカードを手に入れよう!商品HP>ht・・・

  •  [カード]

「【遊戯王】ゴールドパック2016がいよいよ今日発売!カードの見た目はこんな感じだぞ!【デュエルリンクス】」の続きを読む

【遊戯王】この2枚は登場予定のカードか?ブラック・マジシャンとブルーアイズホワイトドラゴン!【デュエルリンクス】

  2016年2月9日

  • 【遊戯王】この2枚は登場予定のカードか?ブラック・マジシャンとブルーアイズホワイトドラゴン!【デュエルリンクス】
  • まだまだ登場予定のカード等謎に包まれていますが、ブラック・マジシャンとブルーアイズホワイトドラゴンは確定かもしれません。 理由としては、公式から画像が出ているからです。 このように、2枚のカードの画像が公開されています。・・・

  •  [カード]

「【遊戯王】この2枚は登場予定のカードか?ブラック・マジシャンとブルーアイズホワイトドラゴン!【デュエルリンクス】」の続きを読む

遊戯王デュエルリンクスとは?

遊戯王デュエルリンクスとは、初の遊戯王OCGカードゲームです。
リリース時期は未定ながら、8月22日現在、クローズドβテストは9月辺りに行われることが決定しました。

※12月17日日本国内で正式リリースされました。

公式ページはこちらとなっています。
ゲーム性等の詳しい情報は以下を御覧ください。

PVを公開

公式PVはこのようになっています。
全てのゲーム性が分かる訳ではありませんが、カードゲームということは分かりますね。
基本的なゲーム性は、原作内のOCGバトルだと思って良さそうです。
カードゲームのアプリは現在そこまで多くないですが、遊戯王ということもありかなりの人気となりそうです。

※純粋なOCGバトルではなく、スピードデュエルということが分かりました。
スピードデュエルとは、LPが4000、手札20枚、フィールドが3枚ずつという終わりまでが早いバトルとなっています。
そのため、試合時間はかなり短くなっており、1試合5分程度で決着が付きます。

事前登録の特典等

事前登録は現在このようになっています。
65万人もの人が事前登録をしており、配信日を前にしてかなりの人気であることが分かります。
実際にリリースすれば、多くの人で賑わうことになるでしょう。

※最終的に事前登録の数は77万7777人以上となり、報酬が追加されました。

クローズドβテストについて

当初はβテスト無しのリリース予定だったのですが、クローズドβテストが行われることが決定しました。
オープンβテストがあるかどうかは現段階では分かりません。
クローズドβテストは抽選となっていますが、登録者の数が非常に多く、倍率も高いものとなっています。
噂によれば特にios版の事前登録がかなり倍率が高く、当選しなかったという人が続出したようです。

最新のプレイ動画

デュエルリンクスの最新プレイ動画が公開されています。
デッキの編集画面や、対戦がこちらの動画には入っています。
PVよりもこちらの動画の方が、多くの情報を得ることが出来るかもしれません。
一度見ておくことをオススメします。

デュエルリンクスのルール

デュエルリンクスのルールは、初心者でも分かりやすいようにスピードデュエルを採用しているようです。
スピードデュエルとは、20枚のデッキでフィールドが3つというルールになります。
通常のデュエルの場合は、40枚のデッキにフィールドは5となります。

デュエルリンクスのクローズドβテスト終了

短い間ではありましたが、デュエルリンクスのクローズドβテストが終了しました。
デュエルリンクスのクローズドβテストに関しては、そこそこ評判が良かったように思います。
スピードデュエルであるため、そこまで試合時間が長くならなかったのも良かったのかもしれません。
スピードデュエルは通常のデュエルの半分以下の時間で終了するため、サクサク進めることが出来ます。
また、カードの枚数も通常のデュエルの半分となるため、必要カード枚数が少ないです。
必要カード枚数が少ないため、ガチャ等でお金を掛けることがそこまで多くありません。
このように、スピードデュエルは大きなメリットがあるのです。
小学生や中学生でも楽しく遊び、勝つことが出来そうですね。

海外で先行リリース

デュエルリンクスは、日本より先にシンガポールとオーストラリアで先行配信されました。
そのため、日本でもすぐリリースされるかと思いました。
しかし、シンガポールとオーストラリアでの配信が2016年10月27日、日本での配信が11月17日という結果となりました。

PageTOP