WCS2018予選日本3位 デッキ紹介【ギアギアデッキ】

幅広い対応力に加え、D-HEROやアマゾネスデッキに対して強力なメタを備えたデッキであり、今回採用に至りました。

事故率が低く、相手のデッキを読んだ上でリスタートで特定のカードを引きに行けることが大きな強みになっています。

デッキレシピ

安定した動きができるギアギアデッキですが、環境で流行している狡猾な落とし穴が強力なメタカードとなってしまいます。

狡猾な落とし穴/通常罠
自分の墓地に罠カードが存在しない場合、
フィールドのモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

そのため、相手の狡猾な落とし穴をうまく避けるプレイングが非常に重要となります。

うまく盤面を形成できている場合は、モンスターを展開せずに、

自分のモンスター1体と相手のモンスター1体を対象に狡猾な落とし穴を発動させることを誘導したり、

踏みに行ってから強化蘇生で再度展開させていく動きが重要となります。

スキル リスタートの採用

スキル:リスタート
初期手札の配布後に1度だけ使用できる。
初期手札を公開してから引きなおす。

ギアギアデッキでは、手札の安定感を優先するためにスキル:バランスが採用されることがよく見られますが、

今回私はリスタートを採用しました。

なぜなら、ヒーローデッキおよびアマゾネスデッキと対峙したときにパルス・ボムの枚数がそのまま勝率に直結すると考えたからです。

また、後述しますが、魔導と対峙した際は死者への供物やバージェストマ・カナディアを初手に引きにいくことが重要となります。

相手のデッキタイプに合わせて狙ったカードを引きにいく動きができるリスタートを採用しました。

バージェストマ・カナディア 死者への供物の採用

バージェストマ・カナディア/通常罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される。

死者への供物/速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを破壊する。
次の自分ドローフェイズをスキップする。

元々、相手の攻撃を防ぎながらモンスターの効果で反撃を狙う動きが基本となるギアギアデッキでは、

エネミーコントローラーやアヌビスの呪いなどの防御札が重要となります。

その中でもバージェストマ・カナディアは裏側守備表示にできるため、

魔導デッキや聖騎士デッキへのメタの要素も併せ持った防御カードとして、積極的に採用することにしました。

また、死者への供物はエネミーコントローラーにすべきか悩ましい点ではありますが、

聖騎士デッキと同様でデッキトップのドローに頼る場面が他のデッキと比べて少ないためドローロックが大きなデメリットとなりにくく、

苦手なマッチアップである魔導デッキ森羅デッキへのメタになるため今回採用することになりました。

ギアギアデッキの弱点としては、

打点が低く、1ターンキルを取り切れない点も挙げられますが、

死者への供物を採用することで、

モンスターの攻撃→死者への供物で攻撃したモンスターを破壊→強化蘇生で再召喚、攻撃

といった動きが狙えることもメリットとなります。

同胞の絆について

同胞の絆/通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体を
デッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

ギアギアデッキと強力なシナジーを持った同胞の絆ですが、今回は2枚の採用とすることにしました。

やはり、2枚目以降が紙切れになってしまう点が大きなマイナスとなります。

スキル:バランスを採用している場合、デッキに3枚採用していても

ハンドに複数枚握る可能性を限りなく低くすることができますが、

今回はスキル:リスタートを採用していたこともあり、極力事故を減らす意味でも2枚が限界だと判断しました。

(2枚しか持っていないから、とは言えません・・(笑))

2 各環境デッキへの立ち回り

D-HEROデッキ

やや有利なマッチアップです。

相手のマスクチェンジの枚数と同じか、それより多くパルス・ボムを握っているかどうかが勝利にそのまま直結します。

現環境ではエネミーコントローラーや禁じられた聖杯の採用率もあまり高くないため、

ギアギアモンスターを攻撃表示で展開すれば基本的には相手は上級モンスターを駆使しなければ打点を超えることができません。

リスタートでは積極的にパルス・ボムを引きにいくことが重要となります。

アマゾネスデッキ

やや有利なマッチアップです。

D-HEROデッキと対峙したときと同様に、パルス・ボムの枚数が勝率にそのまま影響します。

相手のアマゾネスの王女は攻撃宣言時ではなく、攻撃宣言前に守備表示にし、効果を発動させない動きをすることが重要となります。

基本的にはパルス・ボムが相手への強力なメタカードとなります。

伏せカード・モンスター展開・どちらも多いアマゾネスデッキはギアギアモンスターの効果の良い的になってくれることが多くなります。

相手の打点は高くはないので、モンスターよりも魔法・罠カードを破壊する動きを優先する必要があり、ギアギアンカーよりもギアギアタッカーを優先して召喚し、プレッシャーを与えることが重要です。

vs魔導デッキ

不利なマッチアップです。

序盤で同胞の絆を使用し、ゲーテの1ターンに1枚の除外効果では間に合わないようにさせることが重要です。

こちらが後攻の場合、同胞の絆の発動に対して対象のモンスターをゲーテで除外されてしまうと、効果が不発になってしまう、という点には注意しましょう。

また、ゲーテは表側表示の魔法使い族モンスターが存在しなければ使用できないため、

バージェストマ・カナディアや死者への供物で魔法使い族モンスターを除去してから展開することで勝ち筋へと繋げることができます。

vs森羅デッキ

やや不利なマッチアップです。

相手の先行でのセットされたストールを超える手段がないことと、キーカードとなるこちらの防御札、パルス・ボムを薔薇恋人で超えてくる点が脅威となります。

相手が先行時の初動セットモンスターに関しては、自分のモンスター1体を犠牲に特攻するか、あるいはストールではないことをお祈りして突撃します。この判断は自分の手札と要相談する必要があります。

薔薇恋人から展開してくる上級モンスターに関しては、死者への供物が強力なメタカードとなっています。

vs害悪ロックデッキ

有利なマッチアップです。

こちらはセットカードを破壊する手段が豊富である点と、

分断の壁などで0にされた攻撃力を裏側表示にする効果でリセットできる点から、有利に勝負を進めることができます。

相手の怖いカードとしては、底なし落とし穴ですが、

ギアギアンカーの破壊効果で自分のモンスターを破壊することもできるため、相手はロックを決めきれず、ジリ貧になります。

万が一、複数枚の底なし落とし穴などでロックが決められてしまいそうなら、ロックされる前に死者への供物で自分のモンスターを破壊し、強化蘇生で復活させることも強力な動きとなります。

前述しましたが、死者への供物+強化蘇生の動きは、一度攻撃したモンスターを破壊し、蘇生させて再度攻撃することがワンターンキルを狙う場合にも優秀な動きとなってくれます。

代替えカード案

IN

クリボール

エネミーコントローラー

同胞の絆

強化蘇生

OUT

死者への供物

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする