5D’s レジェンドデュエリストLV40 高速周回デッキ紹介!

5D’s レジェンドデュエリストの高速周回デッキを紹介します。

基本的には超高速でデュエル評価4000〜5000を獲得することを目指し、

ゲートキーが有り余っており、消費を気にしない方向けの周回デッキとなります。

十六夜アキ、龍亜は90%以上の確率で、

不動遊星、クロウ・ホーガンは70%ー80%の確率で成功し、

超高速でデュエル評価4000〜5000を獲得することができます。

デッキレシピ

5D’sレジェンドデュエリスト高速周回「トリニティワンキル」デッキ

トリニティ召喚からのワンターンキル、

あわよくば3000オーバーダメージ5000オーバーダメージを狙います。

相手の伏せカードに干渉することができませんが、

十六夜アキ龍亜は怖い伏せカードが特になく、

不動遊星クロウ・ホーガンはデッキ内に1枚しかない為、気にせずに高速で回すことを優先します。

非常に単純な動きで考えることも少ないデッキですが、

実際の動きを、次項から解説します。

通常パターン:”トリニティ”ワンショットキル!

先行時の場合は、何もせずにターンエンドします。

*手札に余裕があり、1枚消費しても問題なく次のターンでトリニティが展開できそうであれば、モンスターを1体召喚しておけば、より確実に1ターン耐えることができます。

相手に自由に動いてもらい、一発もらいます。

先行時の自分の2ターン目または、後攻時の自分の初ターンに相手に攻撃表示モンスターがいれば、

V・HERO ヴァイオン、またはE・HERO ブレイズマンから融合をサーチし、トリニティ召喚の準備をします。

*攻撃表示モンスターがいなければ、守備表示モンスターを出しておく等して耐えましょう。

トリニティ降臨!!

さらに、一騎加勢などの打点補助カードがあれば、尚よしです。

打点を挙げたトリニティで相手の下級モンスターを殴っておしまい。

うわあぁーーー!!

レアパターン:下級で押し勝つ

続いて、ややレアなパターンですが、一騎加勢などの打点補助カードを複数枚引いてしまい、

トリニティの融合素材となるモンスターが足りない時があります。

その場合は、単純に下級モンスターの打点をあげ、ゴリ押して1ターンキルを取りに行きます。

特にドリルガイは守備表示モンスターに貫通ダメージを与えられる点で優秀です。

採用カードについて「無の煉獄」「デステニー・ドロー」

上記で紹介した”通常パターン”・”レアパターン”どちらにも当てはまらないパターンは、融合”魔法カードを引けなかった時です。

V・HERO ヴァイオン、E・HERO ブレイズマン、融合

合計して7枚採用しているため、高確率でいずれかを引くことができますが、より引きやすくするため、デッキの圧縮材料としてデステニー・ドロー無の煉獄を採用しています。

無の煉獄の枚数は増やしても構いませんし、所持していない方は採用しなくても大丈夫です。(その場合、多少デッキの安定度が落ちます。)

*”融合”を引きやすくする為に、”融合”魔法カードの採用枚数を増やすことは、複数枚引いてしまうことによる事故要因になってしまう為、ナンセンスです。

代替カード案

・暗黒界の取引

・HEROモンスター

*暗黒界の取引は、手札の枚数が減ってしまうカードなので、もし採用する場合は1枚までが無難でしょう。

採用カードについて「一騎加勢」

3000オーバーダメージ5000オーバーダメージのスコア評価を獲得する為に採用しています。

その他の打点アップカード(フォースデーモンの斧など)で代用することが可能です。

代替カード

・フォース

・H-ヒートハート

*貫通効果により、相手のデッキが回っておらず攻撃表示でモンスターを出してくれないときも対応できるようになります。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする